宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

オダマキの育て方

学名…Aquilegia
和名…オダマキ(苧環)
科名…キンポウゲ科
属名… オダマキ属
原産国…北半球
花色…ピンク、紫、白、赤、オレンジ、黄色など
草丈…20㎝~50㎝
日照…日なた(夏は半日蔭)
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 7

オダマキとは

オダマキ(アクイレギア、アクレギア)

オダマキは、北半球の温帯に約70種が分布するキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。
日本では、ミヤマオダマキとヤマオダマキの2種が分布しています。

一般的に栽培されるオダマキは、大別すると日本原産のミヤマオダマキのグループと、ヨーロッパ原産の西洋オダマキのグループで、両種のオダマキを交配親として数多くの園芸品種が作出され、流通しています。

オダマキの主な花期は、4月~6月中旬。
花期になると、上部で分枝した茎の頂部に、花径3~8㎝程度の花を下向きに咲かせます。
※品種によっては上向きに咲くものもあります。

外側の花弁のように見えるのは萼片で、本来の花弁はその内側で筒状になっている部分です。
萼片、花弁ともに5枚あり、花弁の基部は距(キョ)となって内側に曲がります。
花色は、青、ピンク、紫、白、赤、黄色、オレンジなどなど。
多くの園芸品種があり、豊富な花色が揃います。

▼オダマキの花の構造

オダマキ

根出葉は2回3出複葉で、小葉は細かく分かれており、先端の小葉は丸っこい形をしています。
草丈が高く伸びる品種では小型の茎葉が出ます。
根出葉は株元で茂り、茎はよく分枝して多くの花を咲かせ、草丈10~50㎝程度に成長します。

▼オダマキの葉

オダマキ

耐寒性が高く、北海道でも庭植えで冬越し可能です。
冬に地上部を枯らせて宿根し、春に再び芽吹きます。

比較的短命な多年草のため、3~4年ほどで株の更新が必要になりますが、こぼれ種でもちょこちょこ増えます。
絶やしたくない場合は、種を採取しておくのが確実です。

オダマキの主な品種

ミヤマオダマキ(深山苧環:Aquilegia flabellata var. pumila)

ミヤマオダマキ

日本、朝鮮半島北部、樺太に分布するオダマキです。
日本では北海道から中部地方以北の地域に分布しており、亜高山・高山地帯に自生する高山植物です。
草丈は10~20㎝程度に成長します。
花色は青から青紫。
やや暑さに弱い性質です。

園芸品種では紫やピンク、白花を咲かせるものもあります。

ヤマオダマキ(山苧環:Aquilegia buergeriana var. buergeriana)

日本固有種のオダマキで、北海道から九州に分布しています。
萼片は紫褐色、花弁は黄色~淡緑色で、距の部分が紫褐色になります。
草丈30~60㎝程度に成長します。

変種にはオオヤマオダマキ(Aquilegia buergeriana var. oxysepala)があります。
ヤマオダマキの距が真っ直ぐに伸びるのに対し、オオヤマオダマキの距は内側に曲がります。

それぞれ萼片が黄色く黄色一色の花を咲かせるものがあり、キバナノオダマキ(A. buergeriana var. oxysepala f. flavescens)、キバナオオヤマオダマキ(A. buergeriana var. oxysepala f. pallidiflora)と呼ばれます。

クロバナオダマキ(黒花苧環:Aquilegia viridiflora var. atropurpurea)

クロバナオダマキ

中国、モンゴル、ロシアに分布するオダマキです。
萼片、花弁共に暗紫色をしており、花には香りがあります。
草丈15~30㎝程度に成長します。

園芸品種のチョコレートソルジャー(Aquilegia viridiflora ‘Chocolate Soldier’)が流通しています。

カナダオダマキ(Aquilegia canadensis)

アメリカ、カナダに分布するオダマキで、森林や岩の斜面、崖などに自生しています。
萼片は赤、花弁は黄色で距の部分が赤くなり、雄しべが長く突出します。
野生種では個体差が大きく、草丈15~90㎝程度のものまであります。

黄色やピンク色の花を咲かせる園芸品種もあります。

セイヨウオダマキ(西洋苧環:Aquilegia vulgaris)

西洋オダマキ

ヨーロッパから北アフリカに分布するオダマキです。
草丈30~70㎝程度に成長し、多くの場合、萼片、花弁、距共に青~紫色の花を咲かせます。

本種にヨーロッパ原産種や北アメリカ原産の大輪種を掛け合わせ、数多くの品種が作出されています。
園芸上ではこの品種群と、その他の様々な交配種を合わせて「セイヨウオダマキ」と呼んでいます。
花色が非常に豊富で、八重咲き品種なども流通しています。

▼セイヨウオダマキ(園芸品種)の様々な花

セイヨウオダマキ

セイヨウオダマキ

セイヨウオダマキ

セイヨウオダマキ

オダマキの育て方

オダマキの育て方

栽培環境

水はけの良い日なたを好みますが、夏の強い日差しは苦手です。
庭植えの場合は、午後から日陰になるような半日蔭の場所が適しています。
鉢植えの場合は、夏場以外は日なたで育てて下さい。

夏越し、冬越し

夏越し

鉢植えの場合は、午後から日陰になるような場所に移動して下さい。
庭植えで日なたに植えている場合は、遮光して強い日差しと暑さから守ってやって下さい。
遮光率は30%~40%です。

冬越し

耐寒性の高い植物ですが、根が凍ってしまうと枯れてしまいます。
凍結の心配がある寒冷地の場合は、敷き藁などを敷いて凍結対策を施して下さい。
根が生きていれば春に再び芽吹きます。

水やり

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
冬場は地上部が枯れますが、完全に乾かさないように注意して下さい。

肥料

庭植えの場合は、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥は、春と秋に緩効性化成肥料を置き肥して下さい。

鉢植えの場合は、3月~9月の間に液体肥料を月に3回程度施します。
夏場は規定量の2~3倍程度に薄めて与えて下さい。

植え付け、植え替え

適期は2月中旬~3月、9月中旬~10月です。

植え付け(用土)

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作っておきます。
さらに元肥として、緩効性化成肥料を混ぜ込みます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7に腐葉土3などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。
ミヤマオダマキやヤマオダマキなどの場合は、山野草の培養土を使用して下さい。

植え替え

根詰まりを起こしやすいので、鉢植えの場合は基本的に毎年植え替えを行います。
根鉢を崩さないように気を付けて、一回り大きな鉢に植え替えて下さい。

庭植えの場合は植え替えの必要はありません。

花がら摘み

種を採取しない場合は、花が終わったら花茎を切り取って下さい。

増やし方(種まき)

種まきで増やすことが出来ます。
オダマキは比較的短命な多年草なので、3~4年が経つと良い花が咲かなくなってしまいます。
種まきで株の更新をして下さい。

種の採取

▼オダマキの種

オダマキの種

花後に出来た鞘の先が茶色になった頃が採取のタイミングです。
晴れた日を選んで花茎ごと切り取って、新聞紙の上などで種を採取して下さい。
採取した種は冷蔵庫で保管します。

種まき

適期は3月中旬~5月です。

種は播種箱などに蒔き、好光性種子なので覆土は必要ありません。
発芽までは乾かさないように管理します。
発芽温度は18℃前後で発芽までは20~30日程度かかります。
発芽して本葉が2~3枚程度になったらポット上げをし、ポットのまま半日蔭の涼しい場所で夏越しをします。
秋の9月下旬~10月頃になったら定植して下さい。
冬になると葉が枯れますが、そのまま葉を取らずに冬越しします。
苗が小さい場合は霜柱などで根が持ち上げられて枯れてしまうことがあるので、霜よけを設置して下さい。

うまく育てば春に芽を出して花を付けます。

病気、害虫

ヨトウムシ

苗を植え付け直後に発生することが多いです。
根を傷つけないように株元の土を軽く掘ると出て来ることがあります。
見付けたら補殺して下さい。

ハダニ、アブラムシ

放置するとどんどん被害が広がるので、早目に薬剤などで対処して下さい。

-多年草・宿根草
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2019 All Rights Reserved.