ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草 水生植物

ナガバオモダカの育て方

更新日:

学名…Sagittaria graminea
和名…ナガバオモダカ(長葉面高)
別名…ジャイアント・サジタリア
科名…オモダカ科
属名…オモダカ属
原産国…北アメリカ
花色…白
草丈…20㎝~60㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone: 4 to 10

ナガバオモダカの特徴

ナガバオモダカ(長葉面高)

ナガバオモダカは、北アメリカに分布する多年草で水生植物です。
自生地は、カナダのニューファンドランドからサスカチェワン州南部、アメリカのフロリダ州、テキサス州など、北アメリカの東北部および中部です。

栽培が容易で、美しい草姿を持つことから、観賞用の水草として世界に広く普及しています。
近年では栽培を逸失したものが世界各地で帰化状態にあり、元来の生態系への影響が懸念されています。

ナガバオモダカが属するオモダカ属の植物は、世界に約20種が分布しています。
日本には、水田の雑草としてお馴染みのオモダカ(Sagittaria trifolia L.)など4種が分布しています。
ちなみにおせち料理の定番であるクワイは、オモダカの栽培変種です。

ナガバオモダカの花期は5月~9月。
茎の頂部に、3枚の花弁を持つ花径1㎝程度の小さな花を、数輪まとまって咲かせます。
花色は白のみ。

▼ナガバオモダカの花

ナガバオモダカ

葉は7~30㎝程度の長楕円形で、長い葉柄を持ちます。

耐寒性もあり、強健な性質で繁殖力旺盛です。
放任でもよく増え、花を咲かせます。
冬になると地上部を枯らし、水の中でロゼット状の葉を出して越冬します。

ナガバオモダカは要注意外来生物の指定を受けています。

逸失したものが野生化して帰化状態にあるのは日本でも同様です。
雌雄異株で、流通しているナガバオモダカは雌株のみのため結実することはありませんが、地下茎で爆発的に増えます。
このため、自然の川や池で大繁殖して元来の生態系を破壊する可能性があることから、現在、要注意外来生物として環境省が注意喚起をしています。

増えすぎたからと言って、野外の川や池に植えたり捨てたりしては絶対に駄目です。
家庭の睡蓮鉢や水槽で栽培する限りは特に問題はありません。

スポンサーリンク

ナガバオモダカの育て方

ナガバオモダカ(長葉面高)の育て方

栽培環境

日当たりの良い場所が適しています。
冬場は半日蔭でも問題ありませんが、生育期は少なくとも半日以上、日の当たる場所で育てて下さい。

池で育てることも出来ますが、水深は深くても10㎝程度です。
ナガバオモダカは湿地や浅い水辺の植物なので、あまり水深が深い場所には適しません。

冬越し

耐寒性はあるので、屋外でそのまま越冬可能です。
水や土が全部凍ってしまうような寒冷地では室内に取り込み、凍らない場所で冬越しさせます。
水の表面が凍る程度なら問題ありません。

水遣り

常に根が水に浸かる状態を保ちます。
水深は株元から1~10㎝程度で、容器や鉢ごと水に沈めて育てます。

肥料

5月~10月の生育期に、緩効性化成肥料、または発酵済み油粕を与えます。
月に1回程度、用土に埋め込んで浮いてこないようにして下さい。

植え付け、植え替え

適期は2月~4月です。

植え付け

用土には市販の水生植物の培養土や、荒木田土などが適しています。
赤玉土を使う場合は、植え付ける前に少量の水を混ぜてよく練って下さい。

植え替え

1年~2年に1度、鉢底から根が出て根詰まりしているようなら株分けを兼ねて植え替えを行って下さい。
地植えの場合は、株が混みすぎたり増えすぎた場合は植替えを行います。

増やし方(株分け)

株分けで簡単に増やすことが出来ます。
掘り出すと自然に株が分かれるので、植え付けて下さい。

病気・害虫

ヨトウムシ、バッタの食害が時々あります。
見つけ次第補殺して下さい。

-多年草・宿根草, 水生植物
-

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.