ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

一年草・二年草

ヤグルマギク(矢車菊)の育て方

更新日:

学名…Centaurea cyanus
和名…ヤグルマギク(矢車菊)
別名…コーンフラワー、ヤグルマソウ(矢車草)
科名…キク科
属名…セントーレア属
原産国…ヨーロッパ
花色…青、紫、ピンク、白、黄色
草丈…30㎝~100㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:2 to 11

ヤグルマギク(矢車菊)の特徴

ヤグルマギク(矢車菊)

ヤグルマギクは、ヨーロッパ地中海沿岸部原産の一年草です。
ヨーロッパの温帯地域を中心に分布していましたが、栽培を逸失したものが多くの地域で帰化しています。
現在ではイギリスやアイルランドの他、アメリカやカナダ、オーストラリアなど広い地域でも帰化が確認されています。

以前は「ヤグルマソウ」と呼ばれていた時期もありますが、ユキノシタ科に「ヤグルマソウ」の和名を持つ植物があるため、混同しないように現在では「ヤグルマギク」の名前で統一されています。

ヤグルマギクの花期は4月~5月。
花期になると伸びた茎の頂部に、筒状の花が集まった集合花を咲かせます。
この花の形が矢車に似ていることから「ヤグルマギク」の名前が付けられています。
原種は青花の一重咲きですが、流通する園芸品種の多くは八重咲きです。

▼原種のヤグルマギク

ヤグルマギク

自生地では穀物畑(小麦、らい麦など)に生える雑草として有名で、コーンフラワーと呼ばれています。
花色は青、紫、ピンク、白、黄色など。
特に青花のブルーは鮮やかで美しく、最高級のサファイアの青を「コーンフラワーブルー(ヤグルマギクの青)」と呼ぶくらいです。

▼ヤグルマギクの花

ヤグルマギク

葉は線形で、茎が株元から多数分枝して真っすぐ上に成長します。
草丈は一般的な品種で60~70㎝程度、矮性種で30㎝程度です。

耐寒性が高く、やせ地でもよく育つ丈夫な植物です。
暖地、温暖地では秋まきにして春に花を楽しみ、寒冷地では春まきにして夏に花を楽しむことも出来ます。
種からでも容易に育てることかでき、こぼれ種でもよく増えます。

スポンサーリンク

ヤグルマギク(矢車菊)の育て方

ヤグルマギクの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
日陰や湿った土地では生育が悪くなるので注意して下さい。

ヤグルマギクは中性の土壌を好みます。
植え場所が酸性土壌の場合は、あらかじめ苦土石灰をまいて土壌を中和しておいて下さい。

冬越し

耐寒性は高く、対策無しで冬越し可能です。
寒冷地では春に種を蒔いて夏に咲かせることも出来ます。

水やり

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
過湿な環境を嫌うので、水のやりすぎには注意して下さい。

肥料

やせ地でも育つ植物で、多くの肥料は必要ではありません。
多肥な環境で育つと、草丈が高くなりすぎて倒れやすくなります。

庭植えの場合は、元肥として用土に少量の緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。
追肥の必要はありません。

鉢植えの場合も同様で、元肥として緩効性化成肥料を施しておきます。
追肥は、春に緩効性化成肥料を置き肥するか、液体肥料を施します。

種まき

適期は9月下旬~10月です。
発芽温度は16℃~23℃程度です。
寒冷地では春に蒔いて夏に花を楽しむこともできます。

種が大きく、丈夫な性質で育てやすい植物です。
庭やプランターなどに直まきすることも可能です。
その場合は、間引きながら育てて下さい。
覆土は5㎜程度です。

ポットや播種箱に蒔いた場合は、発芽して本葉が4枚~8枚程度に成長したら定植します。
株間20㎝程度で植え付けて下さい。

増やし方(種まき)

種まきで増やすことが出来ます。

種の採取

採取のタイミングは、花が枯れて茶色くなりドライフラワーのようにパサパサになった頃です。
果実のまわりを剥くと小さなイカのような形の種が出てきます。
晴れた日を選んで採取して下さい。

採取した種は、紙袋などに入れて涼しい場所で秋まで保存して下さい。
種まきについては上記「種まき」の項目を参照下さい。

病気・害虫

多湿になるとまれにウドンコ病が発生します。
風通しの良い場所で管理して、発生を予防して下さい。

-一年草・二年草
-, , , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 AllRights Reserved.