ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

一年草・二年草

ムラサキハナナの育て方

投稿日:

学名…Orychophragmus violaceus
和名…オオアラセイトウ(大紫羅欄花)
別名…ムラサキハナナ(紫花菜)、ショカツサイ(諸葛菜)、ハナダイコン(花大根)
科名…ムラサキ科
属名…オオアラセイトウ属
原産国…中国
花色…紫
草丈…40㎝~60㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:7 to 10

ムラサキハナナの特徴

ムラサキハナナ

ムラサキハナナは、中国原産の一年草です。
中国東部に分布する他、ヨーロッパ南部で帰化しています。
日本には17世紀に渡来していますが、各地で広く栽培されるようになったのは、第二次大戦後のことです。
強健な性質でこぼれ種でもよく繁殖することから、現在では各地で野生化しています。

花期は3月~5月。
伸びた茎の先に、4枚の花弁を持つ花径2㎝~3㎝の花を咲かせます。
花期の後半になると花色は徐々に薄くなっていきます。
十字形の花に派手さはありませんが、群生している様子は美しいものです。

▼ムラサキハナナの群生

ムラサキハナナ

根生葉と下部の葉は、羽状で深い切れ込みを持ち、上部の葉は長楕円形または倒卵形になります。
若い葉は食用になるため、中国北部では野菜として栽培されています。

▼ムラサキハナナの葉

ムラサキハナナ

こぼれ種でもよく増えるくらいで、種まきからの栽培も容易です。
耐寒性にも優れ、丈夫で育てやすい植物です。

ムラサキハナナの名前の由来

「ムラサキハナナ」の名前は、黄色い花を咲かせる「ハナナ(菜の花)」に対して、紫の花を咲かせることに由来しています。
花は菜の花によく似ており、菜の花の紫花品種と思っている方もいるかもしれませんが、菜の花はアブラナ科アブラナ属、ムラサキハナナはムラサキ科オオアラセイトウ属で、科も属も異なった近縁関係の無い別の植物です。

他にも多くの名前で呼ばれています。

▼オオアラセイトウ
和名の「オオアラセイトウ」は大きいアラセイトウ(ストック)という意味だと思われますが、こちらの由来についての詳細は不明です。

▼ショカツサイ(諸葛菜)
別名の「ショカツサイ(諸葛菜)」は、三国志で有名な諸葛亮公明が、軍隊の食料として本種を栽培させたことに由来しています。
※別種の可能性あり

▼ハナダイコン
「ハナダイコン」の名前は、花が美しく、葉が大根の葉に似ていることに由来しています。
「ハナダイコン」の名前は広く浸透していますが、花が良く似た同科ハナダイコン属の植物の正式名称であるため、混乱している場合が多々あります。

スポンサーリンク

ムラサキハナナの育て方

ムラサキハナナの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
半日蔭でも育ち花を咲かせますが、徒長してしまいます。
出来れば日当たりの良い場所で育てて下さい。

やせ地でもよく育つ植物で、特に土質は選びません。

冬越し

耐寒性は高く、特に対策の必要はありません。
冬の寒さに当たって花芽が形成されます。
防寒対策をせず、戸外で管理して下さい。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

やせ地でも育つ植物で、肥料はほとんど必要ではありません。
多肥な環境で育つと、徒長して花付きも悪くなるので注意して下さい。

植え付け

適期は9月~11月です。

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
株間は20㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土を使います。

種まき

適期は9月~10月です。
寒冷地の場合は、8月中旬~9月頃にまいて下さい。
※冬の寒さに当たって花芽が形成されるので、寒冷地であっても秋まきが基本です。

種は播種箱に蒔くこともできますが、直まきがオススメです。
花壇や鉢に種が重ならないように注意してバラまき、覆土は2㎜程度。
たっぷりと水やりをし、発芽までは乾かさないように管理します。
発芽したら間引きながら育てて下さい。
播種箱にまいた場合は、本葉が4~5枚になったら定植して下さい。

増やし方(種まき)

種まきで増やすことが出来ます。
こぼれ種でもよく増えます。

種の採取

花後にサヤが出来ます。
サヤが茶色く変色したら、中の種が熟しているので採取して下さい。
採取した種は涼しい場所で保管して下さい。

種まきについては上記「種まき」の項目を参照ください。

病気・害虫

ハモグリバエ

幼虫が葉の内部を蛇行して食害します。
発生すると、食害された部分の色が抜け、白く絵を描いたよう見えます。
害虫は食害跡の先端に潜んでいるので、押しつぶして駆除します。

ムラサキハナナに多発する害虫なので、気になる場合はあらかじめオルトラン粒剤をまいて、発生を予防して下さい。

-一年草・二年草
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.