宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草 グランドカバー

ベロニカ・オックスフォードブルーの育て方

更新日:

学名…Veronica peduncularis ‘Oxford Blue’(‘Georgia Blue’)
Veronica umbrosa ‘Oxford Blue’(‘Georgia Blue’)
別名…ベロニカ・ジョージアブルー、ベロニカ・ペドゥンクラリス、ジョージアブルー・スピードウェル
科名…オオバコ科
属名…クワガタソウ属(ベロニカ属)
原産国…ヨーロッパ
花色…青
草丈…5㎝~20㎝
日照…日なた~半日蔭
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:6 to 9

ベロニカ・オックスフォードブルーの特徴

ベロニカ・オックスフォードブルー

ベロニカはヨーロッパからアジアにかけて約200~300種が分布する多年草です。
ベロニカ・オックスフォードブルーは、その中の這い性品種であるペドゥンクラリス種(Veronica peduncularis)から作出された園芸品種です。

ペドゥンクラリス種は、南東ロシア、南ウクライナ、コーカサス地方、西アジアに分布する常緑性の多年草です。
日本では流通していませんが、欧米やヨーロッパなどでは、こちらの原種の方もロックガーデンや花壇のグランドカバーなどとして利用されることがあります。

ベロニカ・オックスフォードブルーの花期は3月~6月。
花期になると、茎の上部の葉の付け根から、短い花柄を伸ばし、花径1㎝前後の小さな花を上向きに咲かせます。
花は4枚の花弁を持つように見えますが、これは花冠が深い切れ込みを持っているためで、基部で一つに繋がっています。
花冠は品種名の由来にもなっている深いブルーで、基部は白くなり、中心には2本の雄しべと1本の雌しべがあります。

▼ベロニカ・オックスフォードブルーの花の様子

ベロニカ・オックスフォードブルー

花は同属の近縁種であるオオイヌノフグリに酷似しており、オックスフォードブルーの方がやや花径が大きく花色が濃いという違いがある位です。
花は受粉をするとすぐにポロリと落ちますが、花期の間、次々と開花します。
夏の間も返り咲くことがあります。

葉は卵状楕円形で縁に鋸歯があり、茎に対生します。
葉は常緑性で、冬になると美しい銅葉になります。

▼ベロニカ・オックスフォードブルーの葉の様子

ベロニカ・オックスフォードブルーの葉

茎はよく分枝して地面を這うように広がり、草丈5~20㎝程度に成長します。
ほふくして横に広がるため、グランドカバーとしてよく利用されています。
また、茎が枝垂れるため、ハンギングバスケットにも向いています。

▼ベロニカ・オックスフォードブルーの草姿

ベロニカ・オックスフォードブルー

耐寒性が高く、育てやすい植物です。
高温多湿な環境がやや苦手な性質ですが、適した環境で育てれば、放任でもよく広がり、よく花を咲かせます。
成長はやや遅く、爆発的に広がることはありません。

オックスフォードブルーの名前の由来

「オックスフォードブルー」の名前はイギリスのオックスフォード大学のスクールカラーに由来しています。
花色が濃青のスクールカラーに似ていることから名付けられたようです。

「ジョージアブルー」とも呼ばれますが、この名前は、本種であるペドゥンクラリス種(V.peduncularis)が、南コーカサス地方にあるジョージア国(グルジア国)の辺りに分布していることに由来しています。

スポンサーリンク

ベロニカ・オックスフォードブルーの育て方

ベロニカ・オックスフォードブルーの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
明るい半日蔭でも育ちます。

真夏の直射日光を嫌うので、暖地で庭植えの場合は、午後から日陰になるような半日蔭の場所が望ましいです。

冬越し、夏越し

冬越し

寒さには強い性質です。
特に対策の必要はありません。

霜や雪で葉や茎が枯れることがありますが、根が生きていれば春にまた芽吹きます。
土まで凍るような寒冷地の場合は、凍結対策を施して下さい。

冬越し中の株はやや乾燥気味に管理します。

夏越し

高温多湿な環境がやや苦手な性質です。
花が一段落したら、草丈の1/2程度の高さでバッサリと切り戻し、株が蒸れるのを予防して下さい。
鉢植えの場合は、午後から日陰になるような場所に移動して、強い西日から株を守ります。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。

肥料

庭植え、鉢植えともに、春と秋に、緩効性化成肥料を株元に置き肥します。

植え付け、植え替え

適期は3月~4月、9月下旬~11月上旬です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
株間は30㎝~40㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土7・腐葉土3などの一般的なの配合土に植え付けて下さい。

植え替え

生育旺盛で根詰まりを起こしやすいので、鉢植えの場合は1年に一度、植え替えを行います。
根鉢を1/3程度崩して、一回り大きな鉢に植えるか、株分けを行って下さい。

庭植えの場合は、株が込み合って生育が悪くなるようなら、株分けを兼ねて植え替えを行います。

切り戻し、剪定

花が一段落した初夏に、草丈の1/2程度の高さでバッサリと切り戻して下さい。
多湿な環境がやや苦手なため、株を蒸れから守ります。

冬越しした古い茎には花があまり付かないので、不要な場合は花期に花の咲いていない部分をカットします。

切り戻した茎は、挿し芽に利用できます。

増やし方(株分け、挿し木)

株分けと挿し木(挿し芽)で増やすことが出来ます。

株分け

適期は3月~4月、9月下旬~11月上旬です。
植え替え時に掘り上げた株を分けて、植え付けて下さい。

挿し木(挿し芽)

適期は5月~6月、9月~10月です。
切り戻した茎も挿し穂に利用できます。

茎を2~3節程度の長さに切り、挿し穂にします。
花が付いている場合は取り除き、下の節の葉も取り除きます。
水揚げをしたら挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して発根を待ちます。

病気・害虫

アブラムシ

生育中はアブラムシが発生しやすくなります。
見つけ次第、駆除して下さい。

-多年草・宿根草, グランドカバー
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.