宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

低木 庭木

ヒメウツギの育て方

更新日:

学名…Deutzia gracilis
和名…姫空木(ヒメウツギ)
科名…アジサイ科
属名…ウツギ属
原産国…日本(関東以西、四国、九州)
樹高…20㎝~60㎝
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone: 5 to 8

ヒメウツギの特徴

ヒメウツギ

ヒメウツギは、日本の関東地方以西、四国および九州に分布している落葉低木です。
日本固有種で、河岸の岩の上など、日当たり良い場所に自生しています。
ウツギに似ていて花が小さいことから「ヒメウツギ」の名があります。
美しい花を咲かせることから、古くより庭木として愛されてきた花木です。

花期は4月~5月。
枝先に、花径1~1.5㎝程度の小さな花を穂状に咲かせます。
花は5枚の花弁を持っており、花付きが非常に良く、最盛期には株が花で覆われます。
花色は白のみ。

▼ヒメウツギの花

ヒメウツギ

葉は長さ4~6㎝程度の披針形で、枝に対生します。
枝はよく分枝して、花後に枝垂れます。
樹高60㎝程度に成長し、樹形はこんもりと小さくまとまります。

▼ヒメウツギの葉の様子

ヒメウツギ

耐寒性、耐暑性ともに高く、丈夫な性質で病害虫の発生もほとんどありません。
樹形も自然にまとまり、手間のかからない育てやすい花木です。

スポンサーリンク

ヒメウツギの育て方

ヒメウツギの育て方

栽培環境

日当たりの良く、水はけの良い場所が適しています。
ある程度の耐陰性があるので、半日蔭でもよく育ちます。

冬越し・夏越し

耐寒性、耐暑性ともに優れています。
特に対策の必要はありません。

水やり

比較的湿潤な環境を好みます。

庭植えの場合は、降雨のみで大丈夫ですが、夏場に乾燥が続くようなら水やりを行って下さい。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
特に春から秋にかけての生育期間中は、乾燥に注意して下さい。
落葉期はやや乾燥気味に管理します。

肥料

庭植えの場合は、春と秋に、有機肥料と固形の緩効性肥料を混ぜたものを施します。
株の周囲に深めの穴を掘って埋めて下さい。

鉢植えの場合は、春と秋に、固形の緩効性肥料を置き肥して下さい。

植え付け、植え替え

適期は厳冬期を避けた落葉期です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作ります。
さらに元肥として、完熟堆肥や緩効性化成肥料を混ぜ込んでおいて下さい。
根鉢の2~3倍の植穴を掘り、植え付けた後は水をたっぷりとやって根と土を馴染ませます。

鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)5・腐葉土2・黒土3の配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

鉢植えの場合は2~3年に1度、植え替えを行います。
一回り大きな鉢に、新しい用土で植え付けて下さい。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やすことが出来ます。

挿し木

適期は、3月下旬と6~7月です。
3月下旬に行う場合は前年に伸びた枝、6~7月の場合はその年に伸びた枝を使います。

枝を10~15cm程度の長さに切り取って穂木にします。
下の葉を取り除いて水揚げをしたら、挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して、発根を待ちます。

地面に接した枝から発根することがあります。
その場合は、切り離して植え付けて下さい。

剪定

適期は花後です。

自然に分枝して樹形が整うので、姿が乱れたり枝が込み合った時などに剪定を行います。
枯れた枝や不要な枝を切り取ります。
株の更新をする場合は2月に切り戻しを行いますが、花は翌年からになります。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-低木, 庭木
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.