ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

低木 ハーブ グランドカバー 庭木

ローズマリーの育て方

更新日:

学名…Rosmarinus officinalis
和名…マンネンロウ(迷迭香)
科名…シソ科
属名…マンネンロウ属(ロスマリヌス属)
原産国…地中海沿岸
花色…薄紫、紫、青、ピンク、白
草丈…20㎝~200㎝
日照…日なた
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:8 to 10

ローズマリーの特徴

ローズマリー

ローズマリーは、地中海沿岸に分布するシソ科の常緑性低木です。
自生地は海抜1500m以下の沿岸部や低山で、やや砂質の乾燥気味の場所に分布しています。
現在では、アゾレス諸島やカナリア諸島、ウクライナやクリミアなどにも帰化しています。

葉茎には爽やかな強い香りがあり、抗酸化作用があることでもよく知られているハーブです。
ヨーロッパでは、肉料理や魚料理の香り付けに利用される他、悪魔から守る神秘的な力を持つ植物として祭事や結婚式、葬儀などにも登場します。
また、密に茂る性質から生垣にもよく利用されており、古代の時代より生活に深く関わりを持った植物です。

日本には江戸時代に渡来しており、マンネンロウ(迷迭香)の和名を持ちます。

ローズマリーの花期は品種によって異なりますが、主に晩秋から初夏。
花期になると、上部の枝の葉の付け根から短い総状花序を出し、花径1㎝程度の唇形花を咲かせます。
唇形花とは、シソ科の植物に多く見られる花の形で、筒状の花の先が上下に分かれて唇ような形になった花のことです。
ローズマリーの唇形花は、上唇が2裂、下唇が3裂しており、上唇の基部からは2本の雄しべと1本の雌しべが、長く湾曲して突出します。
花色は薄紫、紫、青、ピンク、白。

▼ローズマリーの花の構造

ローズマリー

葉は長さ2~3㎝程度の線形で、裏側には細かい毛が密生しており、対生します。
葉に斑の入る斑入り品種もあります。

▼ローズマリーの葉

ローズマリー

樹高は品種によって様々ですが、概ね、立性の品種は1m以上で茎が真っ直ぐ伸び、左右にはあまり広がりません。
ほふく性の品種は樹高20~40㎝、地面を這うように横に広がります。
鉢植えにして枝を枝垂れさせたり、グランドカバーとしても利用されます。
半木立性の品種は樹高30~60㎝、立性とほふく性の品種の中間のタイプです。
いずれも年数が経つと枝が木質化します。

▼ローズマリーの樹形(立性)

ローズマリー

過湿な環境がやや苦手ですが、丈夫な性質です。
病害虫の発生もほとんど無く、育てやすい植物です。
関東地方以南の地域であれば、戸外での冬越し可能です。

スポンサーリンク

ローズマリーの育て方

ローズマリーの育て方

※花期は品種により異なります。

栽培環境

日当たりと水はけの良い場所が適しています。
基本的には日当たりを好みますが、明るい日陰なら問題なく育ちます。

夏越し、冬越し

夏越し

やや過湿に弱い性質です。
暑さには強いのですが、蒸れると下葉が枯れ込んで来ます。
梅雨前に込み入った枝を剪定して、風通しを良くしてやって下さい。

冬越し

耐寒性はそこそろあり、0℃位の気温なら問題なく育ちます。
暖地、温暖地の場合は、対策無しでそのまま戸外で冬越し可能です。
寒い地方の場合は、株元を敷き藁や腐葉土で厚めに覆って、地面の凍結を防いで下さい。

水遣り

多湿な環境を嫌い、乾燥を好む植物です。
庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いて白くなって来たらたっぷりと。

肥料

あまり多くの肥料を必要としません。

庭植えの場合は、元肥として油粕などの有機肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥は春に、緩効性化成肥料を少量、株元に施す程度です。
鉢植えの場合は、春と秋に緩効性化成肥料を少量、置き肥して下さい。

植え付け、植え替え

適期は3月中旬~5月、9月~10月です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に赤玉土と腐葉土を混ぜ込んでおきます。
酸性土壌を嫌うので、少量の苦土石灰、有機肥料を入れ、土がなじむまで1~2週間ほど待ちます。
水はけが悪い場合は、盛り土をして高植えにするのも効果的です。

鉢植えの場合は、ハーブ用の培養土を使うか、赤玉土6・腐葉土4の配合土に緩効性肥料と少量の苦土石灰を混ぜ込んで土を作って下さい。

植え替え

根詰まりを起こすと、下葉が枯れこんできます。
生育旺盛なので、鉢植えの場合は1~2年に一度は植え替えを行って下さい。
庭植えの場合は、特に必要ありません。

増やし方(挿し木、種まき)

挿し木と種まきで増やすことが出来ますが、種は発芽率が低く大きく育つまでに時間がかかります。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照下さい。

挿し木

適期は5月~6月中旬、9月頃です。
枝を10㎝程度の長さに切り取って挿し穂にします。
土に埋まる部分の葉を取り除いて水揚げをしたら、挿し木用土に挿して下さい。
水を切らさないように明るい日陰で管理して、発根を待ちます。
発根までは1カ月程度かかります。

種まき

種の採取

花が落ちると残ったガクが膨らんで、中に種が出来ます。
茶色くなると完熟ですが、すぐに落ちてしまいます。
中には種が残っているものもあるので、それを探すか、種の落下前に袋などをかけて採取して下さい。
採取した種は、乾燥剤などと一緒にビンや缶に入れて涼しい場所で保管します。

種まき

時期は4月~5月、9月頃です。
発芽には20℃前後の温度が必要です。

低温処理をすると発芽率が上がります。
種を濡らしたティッシュやキッチンペーパーで包み、さらにラップなどで包んで冷蔵庫に2晩ほど入れておきます。
その後、取り出した種を蒔いて下さい。

種は播種箱に、出来るだけ均一になるように注意して蒔いて下さい。
覆土はごく薄く。
水やりは底面給水で行い、発芽までは水を切らさないように管理します。
発芽には2週間~1ヶ月ほどかかります。
発芽後は本葉が6~7枚になるまで育苗し、定植して下さい。

発芽率が悪く、大きく育つのは2年目以降になり、途中で枯れてしまう事もしばしばあります。
増やすのなら挿し木の方が格段に簡単です。

病気、害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-低木, ハーブ, グランドカバー, 庭木
-, , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.