スノーフレークの育て方

  • 学名…Leucojum aestivum
  • 和名…スノーフレーク
  • 別名…オオマツユキソウ(大待雪草)、スズランズイセン(鈴蘭水仙)
  • 科名…ヒガンバナ科
  • 属名…スノーフレーク属
  • 原産国…地中海沿岸部
  • 花色…白
  • 草丈…20㎝~60㎝
  • 日照…日なた~半日蔭
  • 難易度…星
  • USDA Hardiness Zone:4 to 8

スノーフレークとは

スノーフレーク

スノーフレークは、地中海沿岸部原産のヒガンバナ科スノーフレーク属の球根を持つ多年草です。
分布域は、ヨーロッパから黒海北部のクリミア半島、黒海東部に広がっており、森林地帯や河川敷、道端や畑、荒れ地などに自生しています。

美しい花を咲かせることから、世界の広い地域で栽培されており、逸出したものが各地で帰化植物として定着しています。
日本には昭和初期に渡来し、春の花として広く普及しています。


スノーフレークの花期は3月中旬~4月中旬。
花期になると、花茎を長く伸ばし、1~数個の花を咲かせます。
花茎は30~60㎝程度、花は径1.5~2㎝程度の大きさです。

花は下向きに咲き、内側3個と外側3個、計6個の花被片を持った釣鐘状でスズランの花に似ています。
花被片の先には緑の斑紋が入ります。

▼スノーフレークの花

スノーフレークの花

雄しべは6個、葯は黄色く、雌しべは1個。

▼スノーフレークの雄しべと雌しべ

スノーフレークの雄しべと雌しべ

葉は長さ30~50㎝、幅0.5~2㎝の帯状で、先がやや尖ります。

▼スノーフレークの葉の様子

スノーフレークの葉の様子

葉がスイセンに、花がスズランに似ていることから「スズランズイセン」とも呼ばれます。

▼たくさんの花を咲かせるスノーフレーク

たくさんの花を咲かせるスノーフレーク

耐寒性、耐暑性ともに優れており、育てやすい植物です。
自然分球でよく殖え、数年間は植えっぱなしでも美しい花を咲かせます。
初夏になると地上部を枯らして休眠します。

名前が似ていることからスノードロップと混同されがちですが、スノードロップはマツユキソウ属、スノーフレークはスノーフレーク属に分類されており、別属の植物です。

スノーフレークの主な品種

グレヴィティ・ジャイアント(Leucojum aestivum ‘Gravetye Giant’)

スノーフレーク・グレヴィティ・ジャイアント

イギリスで作出された、スノーフレークの選抜品種です。
花が基本種よりもやや大きいのが特徴です。
草丈90㎝程度に成長するので、切り花として利用されることがあります。

スノーフレークの育て方

スノーフレークの育て方

栽培環境

水はけの良い日なたから半日蔭の場所が適しています。
暗い日陰の場所では花付きが悪くなるので、出来るだけ日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し・夏越し

冬越し

耐寒性は高く、特に対策の必要はありません。

夏越し

鉢植えの場合は、葉が完全に枯れて休眠に入ったら涼しい日陰に移動して下さい。
葉は球根に養分を送るための大切な役割を果たしています。
枯れるまでは取り除かないで下さい。

水やり

庭植えの場合は、植え付けてしばらくは乾燥しすぎないように注意します。
その後は雨が降らず、乾燥が長く続くようなら水やりをして下さい。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

どちらの場合も、葉が枯れて休眠に入ったら水やりの必要はありません。

肥料

庭植えの場合は、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥は花後に液体肥料を施します。

鉢植えの場合も同様に、元肥に緩効性化成肥料、花後に液体肥料を施して下さい。

植え付け・植え替え

植え付け

適期は9月下旬~11月です。

庭植えの場合は、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込み、水はけが悪いようなら腐葉土も混ぜておきます。
株間は10㎝程度、7~8㎝程度の深さで植えて下さい。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土3・軽石(小粒)1などの配合土に緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んで土を作ります。
5号鉢に5球を目安に、5㎝程度の深さで植え付けて下さい。

植え替え

数年は植えっ放しで問題ありません。
株が混み合ってきたら適宜、植え替えを行って下さい。

花がら摘み

花が終わったら、花首の部分で切り取って下さい。
放っておくと結実して、種に養分が取られてしまいます。

増やし方(分球)

分球で増やすことが出来ます。
(種まきでも増やすことが出来ますが、開花までに4~5年かかり一般的ではありません)

分球

適期は葉が枯れて休眠に入る時期、5月下旬~6月下旬です。
球根は自然分球で増えています。
球根を掘り上げて、残っている葉茎を取り除き、風通しの良い日陰で乾燥させます。
乾燥させた球根は雨の当たらない日陰で保管し、9月下旬~11月の間に植え付けて下さい。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草
-