ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

一年草・二年草 グランドカバー

イオノプシジウム(イオノプシディウム)の育て方

更新日:

学名…Ionopsidium acaule
和名…ヒメムラサキハナナ
別名…バイオレットクレス、イオノプシジューム、ダイヤモンドフラワー
科名…アブラナ科
属名…イオノプシジウム属
原産国…ポルトガル
花色…薄紫
草丈…5㎝~10㎝
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone:7 to 8

イオノプシジウムの特徴

イオノプシディウム

イオノプシジウムの仲間は、地中海沿岸部を中心に6種が分布するアブラナ科の一年草です。
その中でイオノプシジウムとして流通するのは、ポルトガル原産のイオノプシジウム・アコーレ種(Ionopsidium acaule)で、ヒメムラサキハナナの和名を持ちます。

自生地は、ポルトガル南西部の森林の縁や丘陵など、日当たりが良く湿り気のある砂地の場所で、ごく普通に見られる草花でした。
現在では森林開発などの影響で自生地が激減し、ポルトガルの国内法の下で保護されています。

イオノプシジウムの名前の他、バイオレットクレス、ダイヤモンドフラワーの名前で流通することもあります。
日本への渡来時期は不明ですが、近年では栽培を逸失したものが本州各地で帰化しているのが確認されています。

イオノプシジウムの花期は2月~4月。
花期になると花柄を長く伸ばし、先端に花径5~10㎜程度の小さな花を咲かせます。
花はアブラナ科の植物によく見られる十字形の4弁花で、一本の花柄の先に一輪の花が咲きます。
小さな花ですが、花付きが非常に良く次々と花を咲かせ、最盛期には株が淡い紫色に染まります。
発芽後40日程度で花を付け始め、花後には小さな種子を実らせます。
花色は薄紫のみ。
「ヒメムラサキハナナ」の和名はこの花姿がムラサキハナナに似ているためと推察されます。

▼イオノプシジウムの花

イオノプシジウム

明るい緑色の葉は長い葉柄を持った心形で、根生して放射状に茂ります。
草丈5~10㎝程度に成長して、株は花を咲かせながらマット状に広がります。
グランドカバーとしても利用できますが、踏圧にはあまり強くありません。

▼マット状に広がったイオノプシジウム

イオノプシジウム

花が終わると枯れてしまいますが、秋になるとこぼれ種から発芽してよく増えます。

耐寒性が高く、暖地であれば真冬の時期から開花します。
繊細な草姿に反して丈夫な性質で、手のかからない植物です。

スポンサーリンク

イオノプシジウムの育て方

イオノプシディウムの育て方

栽培環境

日なたから半日蔭の、水はけの良い場所が適しています。
半日蔭の場合は、多少花付きが悪くなります。

冬越し

耐寒性は比較的強い方なので、そのまま戸外で越冬可能です。
最低気温が-5℃程度の寒さであれば問題なく冬越ししますが、強い霜に何度もあたるような環境の場合は、霜よけを設置して下さい。

水遣り

庭植えの場合はほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土が乾き始めたらたっぷりと。
やや湿り気のある土壌を好みます。
水切れをさせると蕾が枯れてしまうことがあるので注意して下さい。

肥料

庭植え、鉢植えともに、元肥として少量の緩効性化成肥料を施して下さい。
追肥の必要は特にありません。
鉢植えの場合は、葉色や花付きが悪いようなら、様子を見ながら液体肥料を施して下さい。

多肥な環境になると徒長して草姿が乱れるので注意します。

植え付け

適期は10月~11月です。

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作ります。
株間は15㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土に少量の緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

種まき

適期は9月中旬~10月中旬です。
寒冷地の場合は、3月~4月の春まきにします。

種はポットやセルトレーに蒔き、覆土は種が隠れるように2㎜程度。
発芽温度は20℃前後です。
発芽までには7~10日程度かかります。
発芽までは乾かさないように管理し、発芽したら間引きます。
苗が育ったら定植して下さい。
葉茎が繊細なので、移植の際は傷めないように注意します。

増やし方(種まき)

種まきで増やすことができますが、こぼれ種でもよく増えます。

種の採取

花後に次々と種ができます。
種は小さなサヤに入っており、熟すとサヤが茶色くなってきます。
サヤごと切り取って乾燥させて下さい。
採取した種は袋などに入れて冷暗所で保管します。

種まきについては上記「種まき」の項目を参照下さい。

病気・害虫

病気は特にありませんが、アブラムシが発生することがあります。
見つけ次第駆除して下さい。

-一年草・二年草, グランドカバー
-, , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.