宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

ジャーマンアイリスの育て方

更新日:

学名…Iris germanica Hybrid
和名…ドイツアヤメ
別名…レインボーフラワー
科名…アヤメ科
属名…アヤメ属
原産国…ヨーロッパ
花色…紫、白、赤、オレンジ、黄、青、複色
草丈…20㎝~100㎝
日照…日なた
難易度…星星

ジャーマンアイリスの特徴

ジャーマンアイリス

ジャーマンアイリスは、ヨーロッパ原産のアヤメ科アヤメ属の多年草です。
ジャーマンアイリスと呼ばれているのは、南ヨーロッパや地中海沿岸部にかけて分布するアヤメ属の植物を交雑して作出された園芸品種群で、野生種はありません。

ジャーマンアイリスの品種改良は1800年代にドイツ、フランスで始まり、その後アメリカでも園芸品種が盛んに作出されました。
アヤメ属の植物は交配しやすい性質を持っており、数多くの植物が現在のジャーマンアイリスに関わっていると考えられますが、交雑が進んだ結果、原種の特定は困難な状況にあります。
現在推察されているのは、ヨーロッパに自生する自然交雑種であるアイリス・ゲルマニカ種(Iris germanica)を元に幾つかの原種を交配して作出された系統がジャーマンアイリスだということです。

ジャーマンアイリスの花期は5月~6月。
真っすぐに伸びた花茎の先に、花径10~20㎝程度の花を咲かせます。
花は花弁のように変化した大きな萼片(外花被片)3枚と、内側にある花弁(内花被片)3枚から形成されています。
外花被片は下垂、あるいは水平に開き、内花被片は立ち上がります。
外花被片には特徴的なヒゲ状の突起物が付いており、「ヒゲアイリス」とも呼ばれています。

▼ジャーマンアイリスの花の構造

ジャーマンアイリスの花の構造

内花被片の内側にある小さな花弁のようなものは、雌しべの花柱が3裂して花弁状になったもので、花柱分枝(カチュウブンシ)と呼ばれます。
雄しべは分枝した雌しべの前面に沿うように、3本あります。

▼ジャーマンアイリスの花柱分枝

ジャーマンアイリスの花柱分枝

花は1本の花茎に5~10輪ほどが付き、次々と開花します。
花色は紫、赤、白、黄色、青、オレンジなどなど。
色鮮やかで豊富な花色からレインボーフラワーとも呼ばれます。

▼様々な花色のジャーマンアイリス

ジャーマンアイリス

ジャーマンアイリス

ジャーマンアイリス

葉は剣状でやや白味を帯びます。

▼ジャーマンアイリスの葉

ジャーマンアイリス

耐寒性が高く、北海道から九州まで広い地域での栽培可能です。
土地さえ合えば、ほぼ放任で育てることができ、美しい花を次々と咲かせます。
地際の根茎が膨らんで球根のようになり、横に広がって良く増えます。

スポンサーリンク

ジャーマンアイリスの育て方

ジャーマンアイリスの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。

ジャーマンアイリスは多湿な環境が非常に苦手です。
湿気が多いと「軟腐病」という株が腐ってしまう病気が発生しやすくなります。
庭植えの場合は、傾斜した場所や高台に植えたり、盛り土などで水はけが良くなる工夫をして下さい。

冬越し・夏越し

冬越し

耐寒性は高く、特に対策の必要はありません。
雪に埋もれても枯れることはありません。

夏越し

梅雨前に枯葉を取り除き、風通しを良くしておきます。
鉢植えの場合は、花後、雨が当たらない場所に移動して下さい。
庭植えの場合はそのままでも大丈夫ですが、水はけが悪い場所で育てている場合は、梅雨が始まるまでに根茎を掘り上げます。
涼しい日陰で保存しておき、植え戻して下さい。

 水やり

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

庭植えの場合は、3月と10月~11月に化成肥料を置き肥します。
月に1回程度で十分です。

鉢植えの場合は、2月~3月、10月~12月に、庭植え同様に肥料を施します。

チッソ分の多い肥料を与えると、葉がヒョロヒョロになり病気にかかりやすくなってしまうので、リン酸分の多い肥料を選んで下さい。

植え付け、植え替え

植え付け

適期は8月~10月です。

アルカリ土壌を好むので、庭植えの場合はあらかじめ、用土に苦土石灰や草木灰を混ぜ込んでおきます。
さらに腐葉土を混ぜて水はけの良い環境を作って下さい。
水はけの悪い場所では、盛り土をして高植えにします。
株間は30~40㎝程度、球根の下半分を埋める程度の深さで植え付けます。

鉢植えの場合は、赤玉土(中粒)5・鹿沼土(中粒)3・腐葉土2などの配合土に苦土石灰を混ぜて土を作ります。
7号鉢に1球が目安で、球根の下半分を埋める程度の深さで植え付けます。

深く植えると球根が腐ってしまうので、根茎の背中を出した状態で植え付けて下さい。

▼ジャーマンアイリスの球根の様子

ジャーマンアイリスの球根

植え替え

適期は8月~10月です。

株が込み合って来ると花付きが悪くなったり病気が出やすくなります。
庭植えの場合は、2年~3年に1度の植え替えを行います。
連作障害が出ることがあるので、別の場所に植えるか、土を入れ替えて植え付けます。

鉢植えの場合は、根詰まりを起こしやすいので、毎年、新しい用土で植え替えて下さい。

どちらの場合も株分けを兼ねて行います。

日常の管理

しぼんだ花は取り除き、花が終わった花茎は切り取ります。
摘んだ後の切り口から腐ってしまうことが稀にあるため、この作業は、雨の前後は避けて行う方が無難です。

増やし方(株分け)

株分けで増やすことが出来ます。

株分け

適期は8月~9月です。

株を傷つけないように丁寧に掘り上げ、扇状に伸びた子株のくびれた部分で折り取ります。
株分けをしたら、根と葉を切り詰めます。
葉は半分程度の長さに、根は10㎝程度に。
切り口を乾燥させるため、数日間、天日に当ててから植え付けて下さい。

病気・害虫

軟腐病

ジャーマンアイリスが最もかかりやすい病気が軟腐病です。
この病気は、傷口から入った細菌が根茎を溶けるように腐らせてしまうやっかいな病気です。
水はけを良くすることで、ある程度の発生は予防できますが、かかってしまった場合は広がらないよう病株を取り除いて下さい。

高温多湿の時期に特に発生しやすいので、梅雨の時期の株分けや植え替えは厳禁です。

-多年草・宿根草
-, , , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2018 All Rights Reserved.