ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

一年草・二年草 ハーブ

ローゼルの育て方

更新日:

学名…Hibiscus sabdariffa
別名…ロゼリソウ、レモネードブッシュ、ジャマイカ・ソレル、フロリダ・クランベリー
科名…アオイ科
属名…フヨウ属(ヒビスク属)
原産国…アフリカ西部
花色…黄色、ピンク(どちらも果実は赤または白)
草丈…100㎝~200㎝
日照…日なた
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:9 to 11

ローゼルの特徴

ローゼル

ローゼルは、西アフリカ原産のアオイ科の多年草です。
果実はハイビスカスティーの原料として利用されるため、世界中の熱帯、亜熱帯地域で広く栽培されています。
そのため、栽培を逸失したものが野生化し、アメリカ大陸、アジアなどの熱帯地域で帰化植物として定着しています。
熱帯植物のため、耐寒性はありません。
日本では冬を越すことが困難なため、一年草として扱うのが一般的です。

ローゼルの花期は9月~11月。
花期になると、上部の葉の付け根に、オクラの花に似た透明感のある花を咲かせます。
花は、花径10㎝前後で5枚の花弁を持ち、花弁は通常淡い黄色で、基部は暗赤色になっています。
花は半日で萎れてしまいますが、花期の間は次々と開花します。
花弁が淡いピンク色のものもあります。

▼ローゼルの花

ローゼル

花後には、果実の成熟と共に萼と総苞片が肥大して肉質となります。
独特の形状をしたこの果実は、ツヤのある暗赤色をしており、観賞価値があります。

▼ローゼルの果実

ローゼル

葉は長い葉柄を持ち、深く3裂、または5裂し、茎に互生します。
茎は直立して草丈100~200㎝程度に成長します。
暗赤色の茎と緑の葉のコントラストが美しい植物です。
果実が赤くならない白ローゼルも流通しており、こちらは茎も赤くありません。

▼ローゼルの葉

ローゼル

耐暑性が高く育てやすい植物です。
熱帯植物のため耐寒性はなく、霜に当たると枯れてしまいます。
そのため、植え付け時期が遅れると、果実がしっかりと熟さない内に枯れてしまうことがあります。

ローゼルの収穫

花が萎れて落ち、総苞やガクが閉じて果実がプックリとしてきたら収穫できます。
ハーブとして利用するのは、外側の総苞やガクの部分です。
中の種を取り除いてジャムにしたり、乾燥させてハイビスカスティーとして楽しんで下さい。
ローゼルにはビタミンCやクエン酸、鉄分、バイオフラボノイドなど多くの栄養成分が含まれ、新陳代謝の促進や疲労回復に効果的です。
美しい赤色のハイビスカスティーは、独特の酸味が特徴のハーブティーです。
かなり酸味が強いので、ハチミツを入れて頂くのがオススメです。

スポンサーリンク

ローゼルの育て方

ローゼルの育て方

栽培環境

日当たりの良い場所が適しています。
日照時間が足りないと、花が咲かない事があるので注意して下さい。
短日植物であるローゼルは、日照時間が短くなると花芽を作る性質があります。
夜間に電灯の当たる場所などで育てると、花芽が付かないことがあるので注意して下さい。

※連作障害が出やすい植物なので、昨年と同じ場所には植えないで下さい。

水遣り

庭植えの場合は、乾燥が続くようなら水遣りをして下さい。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

庭植えの場合は、元肥として用土に腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきます。
追肥は、6月~11月の生育期に緩効性肥料を月に1回程度、施して下さい。

鉢植えの場合も、6月~11月の生育期に、緩効性肥料を月に1~2回程度、置き肥します。

植え付け

適期は5月~6月です。

庭植えの場合は、用土に腐葉土をたっぷりと混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
さらに元肥として完熟堆肥などを混ぜ込んでおきます。
2株以上を植える場合は、株間を狭く植え付けると(60㎝程度)、互いに支えあって風で倒れるのを防ぐことが出来ます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え付けの時期が遅れると、果実が熟す前に寒さで枯れてしまうので注意して下さい。

支柱立て

草丈が高くなります。
必要に応じて支柱を立てて下さい。

増やし方(種まき)

種まきで増やすことが出来ます。

種の採取

種は花後にできる果実の中にあります。
種が収穫できるのは花が咲いてから45~60日経過してからです。
未熟な種では発芽しないので、しっかりと熟した種を採取して下さい。
採取した果実は、十分に乾燥させてから中の種を取り出し、封筒やビンなどに入れて涼しい場所で保管して下さい。

種まき

適期は4月~5月です。

発芽温度は20℃前後と高めです。
十分に暖かくなってから種を蒔くか、早目に蒔いて室内の温度が管理できる場所で育てます。
種はポット蒔きで、覆土は種が隠れる程度。
水を切らさないように管理したら1~2週間程度で発芽します。
しばらく育苗し、ポットに根が回ったら根鉢を崩さないように定植して下さい。

病気・害虫

アブラムシ、ハダニ

アブラムシや、ハダニが発生することがあります。
生育に影響するので、見付け次第駆除して下さい。

-一年草・二年草, ハーブ
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.